独立行政法人労働者健康安全機構 長崎産業保健総合支援センター
 
contents
HOME
ご利用案内
産業保健相談
研修・セミナー
ながさき衛生管理研究会
産業保健情報誌『長崎さんぽ・でじま』
調査研究
関係機関・団体
資料データ・ダウンロード
新型インフルエンザ対策
お問い合わせ
産業保健とは?
 
サイトポリシー
サイトマップ
〒852-8117
長崎市平野町3番5号
建友社ビル3階
phone: 095-865-7797
fax: 095-848-1177
     
 
お知らせ  
 
 
平成18年 長崎県内死亡労働災害一覧

H19.2.19現在
番号
発生
年月日
被災者の性別
職 種
年 齢
発生状況の概要 被災者が所属して
いた事業場の業種
1 18. 2. 8
男 性
一般従業員
50歳代
ホテル敷地内の10トン貯湯タンクの湯の温度を測定するため、タンクのふた(直径65センチの円形)をあけ、棒状の温度計で測定しようとした際に、タンク内に落ち込み溺死したもの。 旅館業
2 18.3.4
男 性
運転手
30歳代
トレーラーの荷台のシート掛け及び荷締め作業完了後、荷台上(高さ3.8メートル)から足を滑らせ、前頭部から地面に転落したもの。 産業廃棄物処理業
3
18.3.23
女 性
作業員
60歳代・70歳代
国道の歩道上において除草作業中、走行してきた自動車に突入され、はねられたもの。
同時に2名死亡、3名負傷
土木工事業(造園業)
4
5 18.4.4
男 性
センター長
50歳代
栽培室内の工事箇所確認中、あがっていた脚立から転落し、頭部を負傷したもの 食料品製造業
6 18.4.11
男 性
作業員
20歳代
漁船の法定点検作業のため、タンク内で作業中に被災したもの。(酸素欠乏症の疑い) 造船業
7 18.4.24
男 性
作業員
70歳代
制限加重30トンの揚貨装置を使用し、岸壁からポリプロピレン製のスリングバック(30kgの米袋42個袋分、1260kgを内包)8個をつり上げ旋回していたところ、スリングバック1個のスリングが切れて落下し、被災者にあたったもの。 造船業
8 18.5.17
男 性
アルバイト
50歳代
県外に出張し、農家の依頼で人参の種付け作業のため畑から畑へトラックで移動中、トラックの荷台に乗っていた被災者が、急ブレーキにより同じトラックの荷台に載せていたトラクターと運転席背面に頭部を挟まれたもの。 商 業
9 18.5.27
男 性
検査員
30歳代
新造船のオーナーチェック前の検査作業中、渡り廊下から12メートル(推定)下のボトムデッキ張り出し上へ墜落したもの。 造船業
10 18.6.26
男 性
運転手
40歳代
激しい降雨の中、大型トレーラーを運転して国道を走行中、信号に衝突し、積荷が運転席を突き破り、被災者が積荷の鋼板と運転席の間に挟まれたもの。 運送業
11 18.7.17
男 性
内装工
30歳代
ビル改築工事現場において、2階外壁に取り付けられた排気ダクト吹出口カバーの取替え作業中、窓枠から身を乗り出す体勢で作業を行っていたところ、体のバランスを失って5m下の地上へ転落したもの。 建築工事業
12 18.8.31
男 性
鉄 工
60歳代
平置きされた船殻ブロック外板にトランス(鉄板の仕切り、幅2.6メートル、高さ1.5メートル、厚さ1.4センチメートル、重量430kg)を垂直に仮付け溶接する作業において、トランスを保持していた倒れ止めのバーを、仮溶接が不十分な状態ではずしたため仮溶接が外れ、トランスが被災者に倒れ掛かったもの。 一般機械器具製造業
13 18.9.20
男 性
プラント作業員
50歳代
砕石プラントの朝の始業点検を数名により各箇所で行っていたが、被災者の姿が見えないので探したところ、堆積した砕石の中から被災者の遺体が発見されたもの。被災者は何らかの原因で体ごとクラッシャー(砕石機)に巻き込まれたものと思われる。(詳細は調査中) 砕石業
14 18.9.22
男 性
作業員
40歳代
被災者はフォークリフト運転後、車両系建設機械により資材の積み出し作業を行っていたが、フォークリフト(積載能力1.5t)が動き出したため、止めに行こうと近づいたところ、フォークリフトが転倒し、被災者がその下敷きになったもの。 その他の
清掃・と蓄業
15 18.9.26
男 性
作業員
20歳代
ビル新築工事現場において、10階の屋上に張られた防水シートを屋上の外周に固定していたところ、屋上の端から墜落したもの。 建築工事業
16 18.11.30
男 性
作業員
20歳代
トラックで運搬してきた鉄板2枚(重量約3トン)をクレーンで移動作業中、鉄板が落下し、クレーンを操作していた被災者が鉄板の下敷きになったもの。 一般機械器具製造業
17 18.12.14
男 性
作業員
60歳代
県道に落石防止網を設置するため、道路わきの斜面(高さ約5メートル、傾斜約30度)において雑木の伐採作業中転落し、道路面で頭部を強打したもの。 土木工事業
18 18.12.21
男 性
運転手
50歳代
配送ターミナル内でカゴ車(1.1m×1.1m、500kg)をトラックに積み込む作業中、カゴ車のキャスターがトラックの荷台最後部の溝に引っかかりかご車が転倒、被災者がその下敷きとなったもの。 道路貨物運送業
19 18.12.23
男 性
保守サービス
20歳代
電柱上でケーブルテレビ用の通信設備点検作業中、高さ約6メートルの箇所から電柱脇の小川に墜落したもの。 電気通信業
20 18.12.30
男 性
杭 工
30歳代
道路建設のための橋台基礎工事(深礎工:径3m、深さ12m)鉄筋組立作業において、安全帯補助フックを掛けて鉄筋間を移動中、補助フックと安全帯の胴ベルトとの接続部がはずれ、約11m下に墜落したもの。 土木工事業

>>平成19年 長崎県内死亡労働災害一覧

 
   
 
Copyrights(C) Nagasaki Occupational Health Promotion Center All Rights Reserved.